top of page

スコーネ(南スウェーデン)と日本との取引関係

発行日:2019年11月

執筆者:Anders Olshov、Johan von Wiesen


※本レポートは、2023年に発行された新版「サステナブル・テック・バナナからの日本への招待状」の元となった2019年に発表されたレポートです。2023年版は別ページよりご参照下さい。



日本とEUの⾃由貿易協定が発効した。6億 3500 万⼈の住⺠を擁し、世界のGDPの28%を占める市場を包括した、世界最⼤の⾃由貿易協定である。140 万⼈が暮らすスウェーデン最南端のスコーネ地⽅は、すでにアクシス、ソニー、ヘガネス、アルファ・ラバルなどの企業、コペンハーゲン・マルメ港、ESS(欧州破砕源)、世界海事⼤学などを通じたビジネス・研究上の連携から、個⼈レベルでのつながりに⾄るまで、幅広い分野で日本との関係を築きあげている。⾃由貿易協定によって、より多くの取引機会、新たな関係を結び深める機会が⽣まれるだろう。





Comments


bottom of page